実印使用の注意

イメージ画像

社会人になったならまず、印を作り、印鑑登録をしておいたほうが良いと思います。不景気な世の中になると、いつ詐欺に会い、自分の財産が狙われるかもしれません。おいしい話の際には必ず相手の印鑑証明書をもらっておきましょう。

印鑑証明書は、本人であることを公的機関の第三者が認めるものなので、「信用性」が高いのです。
コストもほとんどかからず、間違いなく相手が本人であるということを知ることができる、こんなに便利な書類を活用しない手はありません。

土地の売買、自動車の売買、保険金受取、マンションなどに賃貸契約、公正証書などの作成時にも印鑑証明書はその威力を発揮します。高価な商品の売買などをするのならばなおさら利用しましょう。

印鑑証明書を相手が拒否したならば、信用性がないことになります。些細なことでも、念には念を押しておくことが大事ですね。

ただし、印鑑証明書や、実印の保管は、気をつけなければなりません。
本人になり済ましにより、印鑑証明書が、万が一、悪用されると、大切な財産を失うばかりか、信用もなくしてしまいます。実印とともに、印鑑登録証も、他人に渡すことがないように管理しましょう。

実印も、耐久性はもちろん、書体も偽造されないように、複雑にし、フルネームで作ると良いそうです。女性の場合は結婚して姓名が変わってしますと新たに印鑑を作って登録しなおさなければならなくなります。そこで、名前で作っておくことをお勧めします。

このページの先頭へ