信頼性の確認

イメージ画像

印鑑証明書とは、第3者から、本人であるという確認ができる重要な書類です。
会社間の取引の際には、コストがかからずにできる優れものだそうです。確実に本人である「信用」が得られるものなので、仕事を始める際には、必ず必要となります。
「信用」を得られるので、お互い会社で、安心して取引できますね。

銀行から融資をしてもらう際にも、必要となります。実際起業しなければあまり縁がないような気もしますが・・・。インターネットの普及により、個人輸入会社を始める人もいるでしょう。個人でも起業する人が増えていると思います。

印鑑証明書はコストがほとんどかからずに本人であるとい「[信用」が得られるので、ビジネスにおいて、どんどん活用していくと良いと思います。一応有効期限はないそうですが、相手先から、3カ月以内に取ったものという指定がある場合があるそうです。新しいものということでより信頼性があるのですね。印鑑証明書と、実印は、一緒に保管しておくと、他人に悪用される可能性がありますので、気をつけましょう。

登録している公的機関は、休日も証明書を発行してくれるところもありますから、その都度発行してもらったほうがいいかもしれませんね。ビジネスパートナーを見つけたらお互いに印鑑証明書は必ず、やり取りしてくださいね。

万が一信頼していた相手が、本人ではなく、詐欺をしているかもしれません。
詐欺行為などで、自分が損をしないように、大事な契約の際には、印鑑証明書を活用して下さい。

このページの先頭へ