契約書に捺印する印鑑

イメージ画像

家を購入するときは、不動産売買や、お金の貸し借りなどの、契約をしますね。
その時に必要になってくるのが印鑑証明書です。

印鑑証明書は、自動車購入の際必要ですからすでに登録をしている人も多いと思います。
印鑑登録をするためにはまず印鑑を作っておかなければなりませんね。

印鑑登録は、一人一個の印鑑だけなのでぜひ、そのことを考えて、登録印を準備しましょう。
長年使っても、印が欠けたりしない丈夫な素材がいいですね。家を買うのと同じくらいこだわってみましょう。その人の信用が、印艦からにじみ出るような…そんな素敵な印鑑がいいですね。

印鑑証明書は、本人確認の大事な書類ですから、郵送などせず、本人が手渡しで受け取ったり渡したりしてください。

また、印鑑登録をした印鑑で、契約書に印を押します。決してほかの印鑑で契約書に印をしてはいけませんよ。その契約書に押した印鑑が、本人であることを証明するのですから、印鑑証明書と、契約書に押した印鑑が同じものであることによって効力が生まれるのですから。実際その場面になって初めて、印鑑証明書の重要性を知りました。

日本では、印鑑がとても重要性を持ちます。それから、印鑑登録書と、実印を他人に持ち出されてしまうと、本になり済まし、悪用される危険があります。保管管理は十分に注意しましょう。
印鑑証明書が、大切な書類であることを踏まえて、慎重に使用しましょう。

このページの先頭へ